試験との戦いの対策 | 心理カウンセラーになるには資格が必要【ライセンスゲッター】

試験との戦いの対策

土地家屋調査士の試験対策を

何かの資格を目指そうと思うときには、どういった資格を選ぶでしょうか。多くの資格がありますが、独立できる資格というのも人気があります。土地家屋調査士も、独立系の資格だといえるでしょう。ダブルライセンスやトリプルライセンスで取得しておくと、今までよりも多くの仕事が入ってくるかもしれません。土地家屋調査士の試験の合格率は低く、しっかりとした試験対策が必要となってきます。自分で試験対策を取っていってもいいのですが、土地家屋調査士の試験対策講座を受ける方がさまざまな点で有利に働くといえるでしょう。なぜならば、試験対策のためにプロの講師が教えてくれますし、難解な問題も一緒になって解くことも可能な場合があるからです。

午前試験免除について

土地家屋調査士の試験は、午前の試験と午後の試験に分かれている筆記試験の後に、口述試験があります。口述試験は筆記試験合格者だけが受けることができます。土地家屋調査士の試験対策としては、午前の試験をどのように受けるかといった点が挙げられます。午前の試験は免除になる要件があるのです。それは、一級建築士や二級建築士、または測量士や測量士補の資格を持っていると午前の試験が免除されます。これらの資格のどれかを取得することで、午前の試験を受けなくてよくなるので、精神的にも楽になります。この資格の中で比較的取りやすい測量士補の試験を受けてから、土地家屋調査士の試験を受ける人が多いといえるでしょう。午前の試験対策のために、こういった工夫をすると、合格も近づくかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Design by Megapx  Template by sozai-dx.com
Copyright (C)2015 心理カウンセラーになるには資格が必要【ライセンスゲッター】 All Rights Reserved.